TOP > 研修医・修練医募集/キャリアプラン

呼吸器外科の診療受付時間・診療内容

初期研修中、外科専門医修練中の医師、および外科専門医を取得後に呼吸器外科専門医を目指す外科医やローテートにより胸部外科研修を希望する医師に大阪大学医学部附属病院および関連施設での呼吸器外科修練の機会を広く提供いたします。

大阪大学呼吸器外科は肺癌・転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍・重症筋無力症・胸壁腫瘍などの一般呼吸器外科治療を行いながら、肺移植などの高度先進医療も実施しております。

現在、日本では肺癌の発症率の上昇と画像診断の進歩とともに肺癌切除症例数は年々増加し、呼吸器外科専門治療の需要が増大し、呼吸器外科専門医の養成が急務となってきています。

大阪大学呼吸器外科には多数の充実した関連病院との連携があり、それらのうち6施設では各々年間200例以上の呼吸器手術が行われています。関連病院全体での年間の呼吸器手術数は約3000例で、そのうち肺癌手術は約1000例を占め、全国的にも屈指の連携施設群を形成し、関連施設全体が一体となって臨床・研究を進めています。このように大阪大学呼吸器外科は、多数の関連施設との交流を通じて幅広い臨床および研究の機会を提供することが可能です。

そこで、大阪大学外科学講座の呼吸器外科は、呼吸器外科専門医をめざす医師を出身大学を問わず広く受け入れ、大阪大学医学部附属病院および関連施設での呼吸器外科研修の機会を提供して日本の呼吸器外科臨床を支える人材を育成するとともに、国際レベルでの呼吸器外科の臨床と研究の発展に寄与する人材の養成に貢献したいと思います。

呼吸器外科学 教授  奥村明之進

このページ上部へもどる

当科は、「外科専門医認定制度修練施設」、「胸部外科学会認定医認定制度指定施設」、「呼吸器外科専門医認定修練施設」、「肺移植実施認定施設」などの、専門施設認定を受けています。
研修医・専門医・修練医のためのキャリア・プラン
▲画像をクリックして頂くと画像が大きくご覧いただけます。

勤務医・10年目

大阪大学呼吸器外科では、当科連携施設・関連病院で呼吸器外科修練を希望する専攻医を随時募集しています。将来、呼吸器外科を専攻する方はもちろん、他領域専攻予定で呼吸器外科修練を希望する方も歓迎します。


大阪大学呼吸器外科連携施設はこちら

このページ上部へもどる